忍者ブログ

ゲームについて語ったり、音楽について喋ったり、GARNET CROWに愛を注いだりしてます。
10 2018/11 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 哲子]
[02/09 哲子]
[01/31 哲子]
[08/22 眼鏡]
[08/06 koba]

11.18.18:42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/18/18:42

10.22.14:36

何も私の中巡るものなど無いから

 てことで、ライブに行ってきました!!!
や、もうね、すっっっっっっっっっっっっっっっごい良かった!!
始まる前まで寒くて寒くてガクガクしてたのが一瞬で吹き飛びましたよ。
とりあえずグッズはコンプしました。
・仁和寺Tシャツ・・・3500円
・マフラー・・・3000円
・文具セット(クリアファイル、ペン、筆箱、メモ帳のセット)・・・2500円
・ネックレス・・・1500円
合計10500円。
吹き飛びました。
ま、いいんですよ。
満足ですよ。
とりあえず筆箱とネックレスは普通に使ってます。
ファイルだけは余りに素敵なので永久保存かなー、とか思ってます。
冬になってくればマフラーを使い、いつしかTシャツも着ようかと思います。

 さて、ライブの方はですね、すっっっ(ry
今回は世界遺産で野外ということもあってか、「聴かせる」曲が多かったですね。
アップテンポな曲は少なく、しっとりバラード系の曲が8割程度ですかね。
今までのライブDVDとか見ていると、今回は1曲目にいきなり「夢・花火」というテンポの速いノリのいい曲を持ってきていたのが驚きでした。
今までは最初の2,3曲は聴かせる傾向があったように思います。
おかげで管理人のテンションメーターはぶっ壊れました。
はい、大好きです、夢・花火。
その後「まぼろし」、「巡り来る春に」と、神曲を連発してくれました。
おいおい、すごいハイペースじゃないか、って感じでしたね。
この後は「sky」と「君の家に着くまでずっと走ってゆく」とGARNETのメンバー4人だけで披露、というサプライズ!
古井さんのギターとか初めて聴きました、はい。
その後も「Marionette Fantasia」や「pray」など、珍しい曲の披露があったり、「スカイ・ブルー」を観客全員で歌ったり、今までのライブとは違い、かなり趣向を凝らしたライブになっていました。
そしてそして、「Holy ground」では、何とかリウム(名前忘れた)とかいうライトを灯し、歌にあわせて左右に振るなど、魅せるライブとなっていました。
最後に披露されたのは「夢みたあとで」。
全く想定外だったと思うのですが、ここでもライトを使って盛り上がる観客。(管理人含む)
「ありがとうございましたー!」と言い、ステージが暗くなり、メンバーが居なくなるや否や、アンコールが起こりました。
管理人も微力ながら助太刀しました。
数分後、「Cried a little」が披露され、アンコールに突入。
今後のGARNETの予定(新曲発売の話)があり、新曲披露!
「世界は回ると言うけれど」のフル!
これは本当に素敵な曲でした。
新曲が終わり、最後の最後に演奏されたのは「涙のイエスタデー」。
CDよりも2テンポほど速くなっていて、ノリノリな曲調となっていました。
由利っぺがライブ途中で、「昨日の夕食は忘れても、このライブは一生忘れることは無い」と言っていましたが、本当にその通りだと思います。
「記録」よりも「記憶」に残るライブ。
この仁和寺ライブは管理人の心から離れることは一生ないでしょう。
本当に、本当に美しく、どこかミステリアスで、暖かいライブでした!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら